2015年11月、みやけんの洗脳-ブレインコントロール-の末に若きGt.ゆうが加入。

 

 

2014年9月、ヤマハ主催ミュージックレボリューション東京セミファイナル出場。

 

 

2014年8月、ヤマハ主催ミュージックレボリューション予選、木更津KAVACHi大会にて

グランプリ・オーディエンス賞を獲得。

 

 

2014年7月、木更津KAVACHiにて復活後初のライブを行う。

 

 

2014年5月、みやけんの策略により現Gt.梅崎が拉致監禁、拷問などの果てに加入。新体制となり復活。


 

2014年、みやけんの画策によって現Vo.大地が殴る蹴るくすぐるなどの暴行の果てに加入。


 

2014年3月、様々な都合によりラストライブを敢行しBa.みやけん Dr.よしのを残して、メンバーが脱退。事実上の解散状態となる。



2013年、今のKen-Gzの母体となるバンドが結成される。